2009年10月01日

チャイルドセラピーカラーカードに込めた思いとは?

『チャイルドセラピーカラーカード』のメッセージと
小冊子(A5判20ページ)に書いた文章は、
考案者である月嶋自身が
自らの子育てや教師生活から学んだこと、
感じたことをまとめたものです。

以下、月嶋が
「チャイルドセラピーカラーカード」
に託した思いを紹介させていただきます。


子育てをしながら何度もくじけそうになり、
絶望や失望のどん底にいたときに
私を救ってくれた言葉たち。

子育ての幸せだけでなく、
「自らの人生の夢や目標も達成したい!」
と願いながら、自分を励まし続けた言葉たち。

そして、
「あの時つらかった私に
 今の私なら、こんな言葉をかけてあげられる!」
とかつての自分を癒すために語りかけた言葉たち。

今、子育てまっただ中のお母さんたちが
少しでも楽に幸せな子育てができるように、
あるがままの自分とあるがままの我が子を愛せるようにと
心をこめて創ったのがこのカードです。

親が我が子を傷つけてしまう悲しいニュースが
日常茶飯事のように起こってしまう今、
私たちができることは、
加害者を責めることだけなのでしょうか?

例えば我が子に手をかけた母親を
「鬼のようなお母さんだ!」と批判することは簡単ですが、
それだけでは本当の問題は解決しないような気がします。

心のバランスを崩してしまえば、
どんなに素晴らしい人間だって
罪を犯してしまう可能性はあるのではないでしょうか?

耳に入ってくる悲しいニュースを聞きながら
「犯人と報道されているお母さんは、
 もしかしたら、私だったかもしれない……。」
と思ってしまうのは私だけでしょうか?

我が子を愛しているのは本当です。

でも、自分の気持ちをコントロールできなくなった時に
同じような過ちを自分が犯さないという自信が
私にはありません。

誰でも「紙一重」なのです。

例えば、誰かの優しい言葉や
心洗われる本の一節や
ほんの些細なきっかけで
心のバランスを取り戻すことだって
あるかもしれないのです。

「もうダメだ!」
と絶望しかけたときに
「あと1日がんばってみよう!」
と気持ちを切り替えられるきっかけに
もしかしたら、
「チャイルドセラピーカラーカード」が
「紙一重」の「一枚」になれないだろうか?

もっとシンプルに楽しく優しく
幸せな子育てができますように!

それは未だ発展途上母である自分への
メッセージでもあります。

一人でも多くのお母さんに
カードを手にしていただくことで
「チャイルドセラピー」の輪と和が
広がっていくことを願ってやみません。

posted by チャイルドセラピーカラーカード at 17:17 | TrackBack(0) | チャイルドセラピーカラーカードに込めた思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。